ブルーインパルスのパイロットの給料やその後は?女性もいるの?

ブルーインパルスのパイロットの給料やその後は?女性もいるの?

Pocket

オリンピックの開会式で曲芸飛行を披露するブルーインパルス。

21日に練習飛行があったようで話題になっています。

かっこよくて特別なイメージの印象があるブルーインパルスですが、パイロットの給料は他の部隊と異なるのでしょうか?

また、ブルーインパルスの任期を終えたパイロットはその後どうなるのでしょうか?

女性もいるのか、はたまたなることが可能なのかブルーインパルスについて気になることがたくさんあります。

そこで今回は、ブルーインパルスについて迫っていきたいと思います。

こんなことがわかるよ
  • ブルーインパルスのパイロットの給料について
  • ブルーインパルスのパイロットのその後は?
  • 女性もいるの?

早速見ていきましょう。

 


ブルーインパルスのパイロットの給料やその後についてご紹介

ブルーインパルスのパイロットの給料。

個人的にはかなり高い金額なのではと思っています。

曲芸飛行といっても、かなり危険で過酷な訓練が待っています。

選ばれた特別な人しかなれない、危険な仕事というイメージですが、実際のところはどうなのでしょう?

ブルーインパルスのパイロットの給料は人によって違います。

そして、基本的には航空自衛隊パイロットと同じ年収になるそうです。

航空自衛隊のパイロットの年収の目安がこちら。

高卒 25歳 3層 490万円
35歳 2層 690万円
50歳 曹長 920万円
防衛大卒 25歳 3層 570万円
35歳 3佐 900万円
40歳 曹長 1060万円

高卒や防衛大卒かで給料は変わってきます。

これは、普通の会社でも同じような感じですよね。

しかし、ブルーインパルスのパイロットの約6割は高卒で空自に入隊した人なんだそうです。

高校卒業してすぐ自衛隊に入隊し、訓練をうけることでいち早く技術を学ぶことが出来ます。

そのため、ブルーインパルスのパイロットを目指すなら高卒でずぐに入隊することがいいのかもしれませんね。

続きは追記していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です