羽生結弦が団体戦に出ないのなぜ?出れない理由やソチ五輪はどうだった?

羽生結弦が団体戦に出ないのはなぜ?理由やソチ五輪ではどうだった?

Pocket

北京五輪で羽生結弦選手が登場する、フィギュアスケート男子個人。

羽生選手の登場は13時19分からになります。

羽生結弦が団体に出ないのはなぜなんだろ?

このように思われる人もいると思います。

今回は、羽生結弦選手がフィギュアスケートの団体に出なかった理由、ソチ五輪や過去の五輪ではどうだったのかご紹介していきます。

この記事は以下の方におすすめ
  • 羽生結弦が団体に出ない理由がなぜか知りたい!
  • ソチ五輪や過去の五輪でどうだったのか気になる!

では早速見ていきましょう。

 


羽生結弦が団体戦に出ないのなぜか理由について調査!

羽生結弦選手が団体戦に出ない理由はいくつかあるといわれています。

  • 個人戦に専念するため
  • 大会の要請基準に従って

詳しくみていきましょう。

 

個人戦に専念するため

北京五輪で個人3連覇を狙う羽生結弦選手。

個人戦と団体戦の期間が短いため、個人戦に専念するために団体戦は欠場したのではと言われています。

実際に行われている個人戦でも、団体の疲れが出ている選手がみられました。

集中力が何よりも大事な競技でもあります。

そして、今回出場する選手は羽生選手以外に、宇野昌磨選手、鍵山選手と有能な選手ばかりです。

なので、羽生選手も安心して任せることができたのではないでしょうか?

 

五輪の要請基準に該当していない

五輪の要請基準で以下のような基準があります。

団体戦に出場する選手は、ISUの国際ランキングの高い選手から順に

羽生選手は持病の喘息を患っています。

なので、昨シーズンはコロナ対策で、GPシリーズに出場されず…

そして、今シーズンは怪我で昨年と同様にGPシリーズに出場されていません。

なので、ISUのランキングポイントは宇野昌磨選手や鍵山選手よりも低い状況です。

今シーズンの公式戦のスコアも皆無でしたので、元々団体戦に選ばれる対象ではなかったとも言えます。

 


羽生結弦はソチ五輪では団体戦にでた?

ソチ五輪や平昌五輪ではどうだったのでしょうか?

さかのぼってみていきましょう。

 

ソチ五輪ではSPに出場

2014年に行われたソチ五輪では、フィギュアスケート男子団体戦のSPに出場されています。

この時、97.98を記録し、見事1位に輝かれています。

そして、個人でも合計点280点をたたき出し、優勝されています。

当時、羽生結弦選手は19歳。

ものすごい記録ですよね。

 

平昌五輪は怪我のため出場せず

2018年に行われた平昌五輪のフィギュアスケート団体戦は怪我のため出場されていません。

この時団体戦、男子SPで出場されたのは宇野昌磨選手。

FPで出場されたのは田中刑事選手です。

日本は5位となりました。

羽生結弦選手は個人戦出場され、合計得点317点を取るというとんでもない記録を出されています。

66年ぶりの2連覇となり、宇野昌磨選手とワンツーフィニッシュとなりました。

これは日本フィギュアで初めてのことです。

今回の大会はどうなるのかたのしみですね。

 

羽生結弦が団体戦に出ないのはなぜ?理由やソチ五輪ではどうだった?:まとめ

以上、羽生結弦が団体戦に出ないのはなぜか理由やソチ五輪ではどうだったのかについてまとめました。

記事まとめ①:羽生結弦が団体にでない理由はなぜ?
  • 個人戦に専念するため
  • 大会要請基準に該当していなかったため
記事まとめ②:過去の五輪ではどうだった?
  • ソチ五輪は団体SPに出場
  • 平昌五輪は怪我のため欠場

羽生結弦選手が団体に出ないのはなぜなのか、世間でも話題になっているようです。

見事オリンピック3連覇となるのか。

注目ですね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。