リメンバーミーヘクター最後なぜ消えない?写真を持っていた理由を考察

Pocket

2017年に放映されたリメンバー・ミー

死者の国をモチーフにミゲルとヘクターが繰り広げる物語です。

泣けるディズニー作品としても有名ですね♪

今回はリメンバーミーの謎要素、ヘクターの最後についてご紹介します!

写真を持っていた理由もまとめました。

この記事を読むと
  • リメンバーミーのヘクターが最後なぜ消えないのかわかる!
  • 写真を持っていた理由がわかる!

 

リメンバーミーヘクター最後なぜ消えない?

早速、ヘクターが消えない謎に迫ります!

あくまでも考察なので、注意してください。

 

ココにリメンバーミーを聞かせたから

ヘクターのことを唯一覚えているココ。

しかし、歳をとったことで、ココはヘクターのことを忘れかけ、ヘクターは消えかけます。

そんな時、ミゲルがヘクターのギターを取り戻し、ココの元に走ります。

そこでリメンバーミーを演奏するんですよね。

リメンバーミーはヘクターが娘のためにと作った曲でした。

リメンバーミーを聞いたココは、ヘクターのことを思い出します。

ヘクターのことを思い出し、ココは亡くなりました。

また、家族も同じようにリメンバーミーを聞いてヘクターのことを思い出しました。

そして破れた写真が直され、写真は祭壇に飾られることに。

こうしてヘクターは最後消えることなく、死者の国でココに会うことが出来たわけです。

何この展開…泣けてきますよね。

 

生きている人間の記憶に残ること

二度目の死を迎えない条件として、生きてる人間の記憶に残る必要があります。

ヘクターが消えかけたギリギリでココはヘクターのことを思い出しました。

ヘクターのことを思い出して死ぬということは、記憶に残ったまま死んだということになりますよね。

なので、ヘクターは二度目の死を迎えることを避けられたのだと思います。

エレナおばあちゃんにギターが取り上げられていたとしたら…

ヘクターは二度目の死を迎えることになっていたでしょう。

 

リメンバーミーヘクターが写真を持っていた理由を考察

ヘクターが写真を持っていた理由をいくつか考察しました。

死者の国に生前のものを持ってくることはできると考えられます!

死者の日に骸骨姿の人たちが、生者の世界で祭壇のものを持ち帰るような姿も描かれています。

なので、持っていける前提で今回は考察していきますね。

 

イメルダが持っていた

これが筆者の中では一番可能性のある説だと考えます。

イメルダはヘクターが家族を捨てたことを許せずにいます。

ですが、夫婦として連れ添った相手。

許せないという気持ちと同時に心の中でヘクターを想っていたのかもしれません。

許せないほど愛していたのではないでしょうか。

イメルダとヘクターが再開する場面がありますが、会話をみるにおそらく過去に死者の国で再会していたのではと考察しています。

死者の国で再会するも、イメルダは怒りを抑えられず、ヘクターに自分が持っていた写真を乱暴に投げつけたのかもしれません。

ヘクターは陽気な性格で放浪癖がありそうなので…

再会した時に生前のことをもしかしたら許してもらえなかったのかもしれませんね。

ヘクターやその他のキャラクターについて、Wikipediaで詳しく書かれています♪

文章で読むのも面白いので読んでみてくださいね。

リメンバーミーのWikipediaこちらから/

 

ヘクターが自分で持っていた

ヘクターが自分で持っていたという説です。

家族写真を持っているのは考えられそうですが…

ヘクターが自分の写真を持っている意味があるのでしょうか?

もしかすると、有名になった時用にサインを書いてファンに渡そうと思ったのかもしれません。

何かあった時に、自分だと証明するために持っていたのかも?

その写真があれば、どうにかして家族に連絡がいくかもしれませんしね。

なので、ヘクターが自分で持っていた説もなくはないでしょう。

 

リメンバーミーヘクター最後なぜ消えない?写真を持っていた理由を考察:まとめ

以上、リメンバーミーをのヘクターが最後に消えないのはなぜか、写真を持っていた理由も考察しました。

まとめ

Q.1ヘクターが最後に消えないのはなぜ?

  • ココがヘクターを思い出したから

Q2.ヘクターが写真を持っていた理由は?

  • イメルダにもらった説が有力

リメンバーミーもすべてが描かれているわけではないので、謎な部分がいくつかあります。

ですが、このように考察するのも楽しいですよね。

是非もう一度見てみてください♪

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。