シュルプ1話ネタバレ感想!世子の病に絶望する王妃

シュルプ1話ネタバレ感想!世子の病に絶望する王妃
Pocket

ついに韓国ドラマ「シュルプ」の配信が始まりました!

史劇ドラマを久しぶりに見ましたが、登場人物が多い。

大君や王子たちの格好が同じなので、誰が誰やら。

主演のキム・ヘスは変わらずの美しさ。

見るうちになれてくるでしょう。

さて、今回はシュルプ1話のネタバレと正直な感想をまとめました!

わかりやすくネタバレできるよう最善をつくします♪

この記事を読むと

シュルプ1話のネタバレと感想がわかる

 

ファリョン王妃の息子たち

ファリョン王妃には5人の息子がいます。

まずは、妓生と寝ていた三男のムアン大君を回収。

末っ子のイリョン大君は寝ていて、次男のソンナム大君は馬で走り回っていました。

王子の教育機関である宗学に、各王子の内官が並ぶ中、四男のケソン大君は自分で並ぶ真面目な子。

他の王子たちが宗学に到着する中、三男ムアン大君が到着。

授業が始まるぎりぎりに末っ子のイリョン大君が王妃と一緒に登校。

授業の途中で次男ソンナム大君が到着する。

 

長男世子の病気発覚

王妃の息子たちの問題行動に厳しい言葉を投げる大妃。

王妃も負けじと応戦したのち、長男世子の元へ。

世子は息子たちの中で唯一成績優秀で次期王になる存在。

王妃とたわいもない話をしている最中に突然倒れてしまう。

実は、1年前から血虚厥(ヒョログォル)という体内の血が不足し気絶してしまう病気にかかっていた。

治療方法を知っているのが、廃妃の世子の血虚厥治療をしていたチョグギョンという医者。

彼に治療法を聞くために王妃は動き出す。

 

陪童を巡る戦いが始まる

陪童になるはずだった人が中国に行ってしまったため、陪童が不在に。

陪童とは

世子と一緒に教育を受ける存在。世子の支え。

本来王族や大臣の子息から選ばれるはずの陪童。

大妃の提案で、志願した中で成績優秀な王子を選ぶことに。

王子の母たちは世子にお近づきになれると喜び、大妃に取り入ろうと贈り物を用意していた。

大妃は自分に従うようにするため、母全員に帝王を育てるための書を送った。

 

廃妃とテイン世子の謎

王にチョグギョン医師の居所を尋ねるも、大妃の指示で咸吉道に向かったと言う。

そうこうしているうちに、大妃に世子の病がばれてしまう。

世子を心配するよりも宮中の混乱を気にする大妃。

  • 王は元々後宮の子だったのに、王になれたこと
  • テイン世子が病弱で急逝したこと
  • なぜ母親のユン王妃が廃妃になったのか

これらに不信感を持ったファリョン王妃はシン尚宮に聞くも、情報は得られなかった。

自分で確かめる為に、危険を冒してユン廃妃に会いに行くファリョン王妃。

二人だけが知っている秘密を知りたい

と彼女は廃妃に泣きながら懇願した。

 

 

シュルプ1話の感想をご紹介

シュルプ1話の個人的な感想をまとめました!

  • 登場人物が多い
  • コメディ要素があって面白い
  • 大君たち適当すぎて大丈夫?

 

登場人物が多い

史劇ドラマなので、とにかく登場人物が多い!

王子だけで10人以上?

その母たちも含めると顔と名前を覚えるのが追い付かない。

既に2回はみましたが、それでもまだ怪しい…

登場人物がこれ以上増えたらまずいですね。

 

コメディ要素があって面白い

難しい話なのかな?と思いながら1話を見ましたが、ちょこちょこコメディ要素があって面白い♪

王妃が走る、とにかく走る。

息子たちのために。

息子たちかなり大きいんですよ。

女性と寝ている所に突撃したり、遅れないようにダッシュしたり

史劇ドラマではあまりみないような面白さです。

サスペンス要素ももちろんあって、修羅場なシーンの時は思わず緊張してしまいます。

 

大君たち適当すぎて大丈夫?

大君たち適当すぎ!

“世子ができがいいから自分たちはどうでもいいや”

という感じなんでしょうけど。

そら母悩みますわ。

ザ・男子って感じの大君たち♪

ドラマの中の成長が楽しみですね。

 

シュルプ1話ネタバレ感想!世子の病に絶望する王妃:まとめ

以上、シュルプ1話のネタバレと感想をご紹介しました!

世子の病に絶望していた王妃、その顔は母以外の何者でもなかったです。

世子、奥さんも息子もいるんだから病気が無事に治ってほしい。

大妃は世子を可愛がっていたように見えました。

しかし、病気でダメだと思うとすぐ乗り換えようとするところにゾワゾワ。

シュルプ1話のネタバレ感想の次は2話でお会いしましょう♪