ただリコ ドラマ7話のネタバレや感想と考察!正隆と利治がついに接触

ただリコ ドラマ7話のネタバレや感想と考察!正隆と利治がついに接触

Pocket

こんにちは、まめたろです。

2021年8月26日、ただリコ ドラマ7話が放送されました。

私の住んでいる地方はただリコ ドラマが映らないので…

毎回見るたびに

「こっちでも放送されないかな」

と思ってしまいます。

さて今回は、ドラマ7話のネタバレと感想・考察を書いていきたいと思います!

こんなことがわかるよ
  • ただリコ ドラマ7話のネタバレ
  • ただリコ ドラマ7話の感想
  • ただリコドラマ7話以降の考察

では早速見ていきましょう。

ただリコ ドラマ6話のネタバレが知りたい方はこちら

ただリコ ドラマを動画フルで無料視聴する2つの方法はこちら

ネタバレ注意

ただリコ  ドラマ7話と漫画の原作のネタバレを含みます。

 


ただリコ ドラマ7話のネタバレ

ただリコ ドラマ7話のネタバレをご紹介していきます。

7話のネタバレ構成は以下の5つです。

  • プロローグ
  • 1本の電話
  • 萌の捜索願
  • 利通の死
  • 柿野家に迫る佐野

プロローグから順番にご紹介していきます。

 

プロローグ

飛び降り自殺を図った雪映。

正隆は必死に雪映の名前を呼ぶが返事はありません。

雪映の手術室の前で待機していた正隆。

そこへ走って到着してきた菜穂の姿が。

雪映のことについて動揺している正隆に菜穂は冷たく言い放ちます。

帰って、お姉ちゃんは私が見ます

もう二度とこないで

正隆は追い返されてしまいます。

家で自暴自棄になりそうになっていた正隆に一本の電話が。

 

1本の電話

電話の相手は義父、利通の秘書でした。

秘書は正隆にこのように言いました。

  • 利通が病気でもう危ない段階なので病院に来てほしい
  • 正隆に話したいことがあると言っている。

誰が行くかよ

怒鳴りながら電話を切る正隆。

再度かかってきた電話にキレながら出ると、声の主は弟の利治でした。

利治の話を聞いてやはり怒鳴りながら電話を切るも、橋の上で歩みを止める正隆。

何かを決意したかのような目をしていました。

 

萌の捜索願

雪映は未だ目を覚ましません。

雪映は子供と正隆が一緒に遊んでいる夢をみていました。

子供に手を伸ばす雪映。

その瞬間、正隆と子供の姿は消えてしまいます。

涙を流す雪映。

雪映はこの夢の中で彷徨っているようでした。

姉ちゃんがいなくなって55日。

創甫はカレンダーに萌がいなくなった日を数えていました。

スーツに袖を通す創甫。

話を聞いてほしい時は、ちゃんとした格好をすればいいの

創甫はある日の萌との会話を思い出します。

そして、向かった先は町田中央警察署。

蒼甫は警察官に訪ねます。

「行方不明者の捜索ってどうやってお願いしたらいいですか。」

 

利通の死

正隆が利通の病室についたとき、既に利通は息を引き取っていました。

「僕が殺したようなもんだよ」

そういったのは弟の利治でした。

利治は正隆に「何も聞かないんだね」と言い、「関係ないだろ」と正隆は怒鳴ります。

「兄さんは僕のことを許してくれるか」

利治がこういった後、正隆が柿野製薬を去った後の話を利治は話し始めました。

  • 自分が上層部から信用をえられなかったこと
  • 目に見えた実績が欲しくてお金を渡してしまったこと

正隆のようにはなれなかったと語る利治。

そこへ、東京地検特捜部が2人の前に現れ、利治は連行されます。

「まだ話をさせてくれ!!」

正隆の願いは聞き入れてもらえるはずもなく…

利治は連れていかれました。

 

目覚める雪映

同じ夢を繰り返しみていた雪映。

夢で雪映の手を子供が握り返したことをきっかけに雪映は目を覚まします。

赤ちゃんの無事を医師と確認をした雪映は安心したような表情を浮かべていました。

場面変わって、佐野は仁科に追われています。

佐野の経営するバーに足を運ぶ仁科。

仁科はバーにいたほのかに佐野の居場所を聞きます。

そして、

「この店はうちが引き取ることになるかもね」

仁科にこう言われたほのかは怯た表情を見せていました。

一方、病室を抜け出し公園でご飯を食べていた雪映。

そこへ心配した正隆と菜穂が走ってきました。

雪映正隆は菜穂にこう言います。

もう大丈夫だから、正隆と帰る

雪映は俺が守る

家に帰った雪映は利通の死を知ります。

そこで再度、正隆と一緒にいると雪映は正隆に伝えます。

 

柿野家に迫る佐野

2人の元に佐野が押し掛けてきます。

佐野は怒鳴りながら家を物色。

正隆は二階に行こうとする佐野を止めます。

階段で佐野は正隆にこう問います。

「萌はどうした。殺したか?」

焦った正隆は佐野を階段から突き落とします。

突き落とされた佐野は息をしていました。

佐野が意識を失っている間にガムテープで佐野の手と足を拘束する2人。

佐野は拘束されていながらも、正隆におそいかかります。

そんな佐野に熱湯をかける雪映。

雪映は佐野の顔を踏みつけながら、静かにして、言うことを聞いて

と冷たくいい放ち7話は終了します。

 


ただリコ ドラマ7話の感想

7話感想をご紹介します。

今回は柿野家のわだかまりが少しなくなったような部分が見られました。

利治は思っていたよりも普通で、悪者じゃなかったなと個人的には思いました。

 

利通の突然の死に驚いた

義父である利通がまさかの病死する展開に!

生きたまま3人のわだかまりを解くことは難しかったのでしょうか。

利通が正隆に何を言おうとしたのか気になりますね。

今後わかる日が来るのでしょうか。

義父と弟が登場するのはドラマのオリジナルストーリーですが、あっけなく終わってしまった感が個人的にはありました。

もう少し3人が関わる回があるのかなと思いましたが、今後は回想などで分からないところがわかってくるかもしれませんね。

 

最後の雪映が原作っぽい

7話の最後に登場した、以前の優しい雪映からは想像できないような行動と言動。

この時の雪映はかなり原作に近づいた雪映だなと思いました。

正隆はそんな雪映の姿に驚きびびってますからね。

この辺りも原作っぽくて嬉しかったです。

ここから雪映は子供を守るために強くなっていくことが予想されます。

ただリコが始まった当初では想像もできなかった雪映と正隆の変わりよう。

2人の行動や言動が逆転したかのような立ち位置になっていました。

 

ただリコ ドラマ7話の考察

7話の最後からわかるように、ここから柿野家はかなりの修羅場に入っていくことが予想されます。

次回予告がけっこう衝撃的だったのですが…

原作のどこまでをドラマで見れるのか気になります。

 

佐野をついに原作通り監禁か

手足を縛った佐野に対して雪映がいっそう強く見せるようになりそうです。

お腹の子供を守るために

これからの雪映の行動はこのために行われるものだと思われます。

そしてついに佐野を監禁するときがやってくるのか?

そして、佐野は仁科に追われています。

正隆との関係に仁科ならすぐに気づき、正隆の元にたどり着けそうな気もしますが…

それはそれで怖いので避けたいところではあります。

今は大きい態度の佐野ですが、今後どうなっていくのか、深水さんの演技にも注目してきたいです。

 

萌の捜索は軽くあしらわれたのか

警察に捜索願の出し方を相談しに行った創甫。

予告では萌の公開捜査が行われているような様子が見られなかったので…

もしかしたら警察に、軽い家出程度にあしらわれてしまったのかもしれませんね。

次回はついに創甫の保護司の池崎康介役を演じる甲本雅裕さんが登場するかも!

彼が今後創甫の力になって萌の真相に辿りつくのではと筆者はひやひやしています。

2人は萌を探し出すことができるのでしょうか。

 

ただリコ ドラマ7話のネタバレや感想と考察:まとめ

以上、ただリコ ドラマ7話のネタバレ・感想・考察をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

ついに、原作でもかなり衝撃だった佐野監禁シーンに突入しそうです。

予告もなかなか怖い予告でした…

8話以降はより一層、心してみなければならないかもしれません。

来週は8話のネタバレ・感想・考察をご紹介していきたいと思います。

ただリコ ドラマ7話をみて一言

創甫のスーツ姿が似合ってた!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です